労働組合

労働条件|賃金・一時金|賃金の構造

賃金は、一般的に、所定内賃金※と所定外賃金によって構成されています。
※ 所定内賃金(基準内賃金)=決められた所定内の時間を勤務すれば、受けとることのできる賃金のこと。

「平均賃金」と「個別賃金」

「平均賃金」とは、一人ひとりの賃金を合計した額を人数で割ったものをいいます。「個別賃金」とは、例えば“高卒35歳勤続17年生産職”というように、労働(力)の銘柄を特定したときの賃金水準をいいます。平均賃金は、賃金の労務コストの側面を色濃く反映する指標であり、個別賃金は、労働(力)の質を考慮して賃金比較をする際に有効な指標です。一人ひとりの賃金水準の社会的な位置を確認するためには、個別賃金による比較が欠かせません。

「平均賃上げ方式」

平均賃上げ方式とは、組合員の平均賃金をいくら引き上げるか、一人平均の労務コストをもとに交渉する要求方式です。この方式だと、一人ひとりの新賃金は賃上げ妥結後に行われる賃上げ配分によって決まります。わが国では長くこの方式が賃上げ要求の主流でした。また、この平均賃上げ要求の多くが、定期昇給込みで行われてきました。平均賃上げ方式は、組合ごとに異なる定期昇給分を込みにしているため、定昇制度がない組合でも要求をつくりやすい反面、どんぶり勘定的にならざるを得ないという欠点があります。

「個別賃金方式」

銘柄を特定した個別賃金水準の改訂について交渉する要求方式です。産業別・職種別労働組合からなる欧米では、この方式によって賃金交渉が行われています。この方式では、個別賃金をまず決定し、その結果として平均賃金が算出されることになります。個別賃金方式には、定期採用者を基準に勤続年数、扶養家族などの銘柄を特定して、標準的な労働者の賃金を要求する「標準労働者方式」や、職種や熟練度、資格などの銘柄を特定する「職種別一人前方式」などがあります。

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡