労働者福祉

生活保障設計運動の展開について

生活保障設計運動の展開について

こくみん共済 coop は、経済環境や社会環境の変化を背景に、組合員のこれからの生活を考えるにあたって、単に国や企業・会社にたよるのではなく、組合員一人一人がどのように生きていくか、何が必要かを考え、組合員自らがその設計を行っていかなければならないと考えます。当会では、「生活保障設計運動」の提案をすすめています。

(1)生活保障設計運動とは

組合員一人一人が、生活設計(保障計画+資金計画)に関する知識を高め、自らのライフプランニングにより家計全般を点検・見直し、みんなで「豊かなくらし」を実現する取り組みを、当会では「生活保障設計運動」と呼んでいます。
具体的には、協力団体(労働組合など)においてセミナー・説明会・個別相談会を通じて、保障等に関する知識・考え方を組合員の皆さまにお伝えし、ムリ・ムダのない家計作りの支援をすすめています。

(2)生活保障プランナーの養成

職域協力団体(労働組合や共済会)においては、「保障設計運動」が福祉活動の柱として積極展開されています。当会では、日頃から組合員の個別相談に対応されている方々( 労組執行部・福利厚生担当者)を対象に、ライフプランの考え方や関連知識に関する講座を開催し、相談事例などを通じて日頃の活動にその知識を活かしていただくために、2004年から全国で「生活保障プランナー」を養成しています。2 0 0 4 年8月に全国展開がスタートし、プランナー修了者は全国で21,433名となっています(2019年5月末現在)。
また、静岡推進本部では、現在、149団体381名の方にご登録いただいています。

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡