労働組合

組織 |会計監査とは?

組合の会計を監査する機関として、会計監査が設置されています。会計監査委員は組合役員ですが、組合の執行機関のメンバーとなって、日常の執行業務を行うことはありません。

会計監査委員の仕事は、

  1. 組合全般の会計監査
  2. 不当と認めた事項の調査、保全に必要な物件の封印または引渡しの請求
  3. 執行委員会に対する勧告

ですが、日常の業務としては、会費の納入、保管、支出など会計事務が正しく行われているかどうかをチェックします。また、組合大会などで執行部が会計決算報告をする際に、報告が正確かどうかを確認し、報告します。

会計報告

組合活動は、組合費を財源とし活動しています。執行部は組合費の使途などについて組合費を拠出している組合員に対し報告する義務が生じます。具体的には、大会や中央委員会などにおいて会計報告を行う必要があります。また、労働組合法第5 条第2 項第7 号では、以下のとおり会計報告について定められています。

労働組合法 第5条第2項第7 号

すべての財源及び使途、主要な寄附者の氏名並びに現在の経理状況を示す会計報告は、組合員によって委嘱された職業的に資格がある会計監査人による正確であることの証明書とともに、少くとも毎年一回組合員に公表されること。

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡