労働組合

ふ|文体活動

「文化体育活動」の略。企業や労働組合が従業員や組合員に対する福利厚生の一環として取り入れている場合が多い。労使共催で行われる場合もある。

文体活動は活動PRのチャンス!

 文体活動は組合員の「心の健康」やリフレッシュに大いに役立つ性格を持ってますが、文体活動のうちの1つだけを抜き出して考えると単なる"遊び"のように捉えられ、そのような活動が労働組合に必要なのか?と見られてしまうかもしれません。しかし、文体活動が持つ役割はそれにとどまりません。

 文体活動は『信頼される労働組合づくり』のための大切な取り組みのひとつです。文体イベントの実施は、それ自体が労働組合の存在をアピールする意味を持っており、さらに、労働組合に対する求心力を高め、ひいては組合活動全体の活性化を図ることができるものと考えられています。また、組合員同士や家族が親睦を深めることで仲間意識を醸成し、団結を固めていく効果もあります。

 

文体イベントの実例をあげてみましょう。

 〇スポーツイベント:

比較的参加しやすく、怪我などのリスクが低いボウリング大会、ソフトボール大会、インディアカ大会、ソフトバレー大会などが好まれて開催されているようです。スポーツイベントはそれ自体がチームプレイによる連帯感や一体感を醸成しやすく、場所の確保ができれば比較的開催が容易であることも理由の一つです。職場対抗などにするとさらに盛り上がります。ウォーキングイベントなども内容を工夫しながら行っている組合もあり、組合員の健康増進にもつながっているようです。

 〇時季イベント:

クリスマスパーティー、BBQ、お花見、地引網など、季節に合ったイベントのため、参加意欲が高まりやすいことが特徴です。家族も参加できる場合が多く、組合員同士だけでなく家族同士の連帯も生まれ、ワークライフバランスにも役立つことでしょう。もしお酒を提供する場合は十分な留意と配慮が必要です。

 〇旅行型イベント:

観光名所を訪れたり、各地の美味しいものを食べたり、宿泊イベントとしてスキーやスノーボードを楽しむ企画が人気です。休日にはなかなか組合員同士で遊びに出かけることが少ない方にはうってつけのイベントで、1日一緒にいるだけで仲間意識がさらに醸成されるのではないでしょうか。

 〇「狩り」系イベント:

時季イベントとも重複しますが、モモ狩り・ブドウ狩り・イチゴ狩り・さくらんぼ狩り梨狩りなどフルーツの「狩り」系イベントが多くみられます。サツマイモや落花生を収穫するイベントなども見られます。旅行型イベントと組み合わせて実施されることも少なくありません。

 〇地域貢献型イベント:

会社と合同で夏祭りなどを開催し、地域の方々も自由参加として、日頃お世話になっていたり、交通渋滞などで迷惑をかけているご近所さんに対する地域貢献の意味合いで実施しましょう。こういったイベントを継続することで地域社会から信頼されたり、「いい会社だね」と思ってもらえるとうれしいですね。もちろん組合員の家族も呼んでもらって楽しんでいもらいましょう。

 〇文化型イベント:

著名人や、ある道に精通している方を招いて文化講演会を実施する組合も多くあります。ただ単に長い話を聞いているだけではつまらないですし疲れてしまうので、できるだけ組合員が興味を持ってくれる「楽しいお話」をしてくれる講師を呼ぶことが多いですね。企業訪問や工場見学などを行っている組合もあります。そうしたことを通じて、組合員の知識や見地や広げ、豊かな人生が送れるような手助けができれば良いと思います。

 〇本部主導型イベント:

人数が多い組合では、支部(分会)制を取っているところもあるでしょう。本部が計画しすることで、各支部で予選などを行い、最終的には予選を勝ち抜いたグループが本部に集合して決勝戦を行う、なんていうイベントを行っているところもあります。

 

 このように、さまざまなイベントを通じて組合員や家族の交流を図り、コミュニケーションを活性化させる文体活動ですが、行う際には注意も必要です。単なる"遊び"になってはいけません。文体活動の本来の目的を見失わず、内容を工夫しながら実施することが必要です。また、組合員からいただいた組合費をもとに実施するわけですから、費用との兼ね合いもしっかり検討する必要があるでしょう。文体活動は、組合活動の中でも特に組合員の目に留まりやすい活動です。1つ1つの活動に意味を持たせて開催することが重要です。

 

連合静岡

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡