労働者福祉

県生協連の組織と運営

年に1度の通常総会が、最高決議機関です。

日常的には、会員生協の役員と員外理事で組織される理事会で運営にあたっています。また、その時の状況に応じて、理事会のもとに各種委員会を設置しています。

1.総会

   年に1回の通常総会で、前年度の事業報告と本年度の事業計画や役員の選任を行います。

  総会は事業年度の終了から3カ月以内での開催が定款で定められており、例年6月に開催しています。代議員総数は50名で、会員生協ごとの定数は、規約に基づき年度ごとに理事会で定めます。

 

2.理事会

年間7回開催し、日常の事業執行にあたっています。執行体制として、会長1名、副会長1名、専務理事1名と2名以上3名以内の常務理事を互選しています。理事は会員生協の役員でなければなりませんが、特別の理由があるときは定数の3分の1以内の者を会員の役員以外から選任することができます。

 

【参考】2019年度の理事会体制

会長

ユーコープ常勤顧問

副会長

県労済生協理事長

専務理事

ユーコープ執行役員・しずおか県本部長

常務理事

員外理事2名

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡