労働組合

組合とは|ひとりの力はちいさいけれど、まとまると大きな力に

労働組合は、働く人の立場で考え、行動するためにできた、働く人の集まりです。賃金や手当、労働時間、休日・休暇、職場環境…。働くなかで疑問に思うことや改善してほしいことは沢山ありますね。ひとりの力ではなかなか解決できないけれど、みんなで力を合わせれば実現できることは沢山あります。
また、労働組合は、労働条件の改善だけでなく、税制や年金・医療・介護といった社会保障問題など、私たちの生活に直結する政策課題の解決にも努力しています。一人ひとりが豊かさを実感できる社会の実現のために、職場と地域の両面からさまざまな問題に取り組んでいるのです。

「会社に労働力を提供して、それに対する報酬として賃金を受け取る」これが、会社と私たちの間の契約です。契約を結ぶときに大事なことは、賃金、労働時間、休暇などの労働条件が定められていることです。
 もしも労働組合がなかったら、みなさん一人ひとりが会社の代表者を相手に、「有給休暇を増やして欲しい」とか、「年末一時金をもっと上げて欲しい」という交渉を行わなければなりません。しかし、雇う側の会社と雇われる側の個人とが、対等に話し合って労働条件を決めるのは現実的には不可能です。それどころか、そのような申し入れをした人は、逆に不利な扱いを受けないとも限りません。
このような問題を避けるためにも、労働組合では、働く者みんながまとまることによって会社と対等な地位を築き、私たちの意見を申し入れて交渉し、労働条件を定めているのです。

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡