労働組合

し|支部・分会

規模、組織形態、組合員数などに応じて、組合内の下部機構として置かれる組織。

本部と職場をつなぐパイプ役

 労働組合の活動は、トップダウンではなく組合員からの底上げが基本であるため、組合員の声を集約して活動に反映させることが極めて重要です。しかし、労働組合の規模が大きくなると、全国に組合員が在籍するケースも多くなったり、地域の中に職場が点在するケースなどもあったりするため、きめ細かく一人ひとりの意見に耳を傾けたり、組合活動を周知したりすることが難しくなります。そうした場合には、都道府県、地域、エリア、工場、営業所などの単位で区切り、支部を設置します。また、支部単位でも規模が大きすぎる場合には、さらにその下に分会を置きます。支部や分会は、より地域や職種に密着し、組合本部と職場の橋渡しをする役割を担います。

 支部・分会が行う組合活動は、大きく分けて3つです。
1.本部と職場をつなぐ
 組合員から集めた意見をもとに、支部大会や支部委員会で支部の意思決定を行い、本部に意見を具申します。また、本部から発信された情報を、機関誌や集会等を通じて組合員と共有します(情報宣伝活動)。
2.支部・分会内での課題解決
 職場で起きた問題について、会社との話し合いを通して解決を図ります。
3.組合員の団結力強化
 支部・分会独自のセミナーやレクリエーション活動を実施します。組合員同士の交流を促し、意見を出しやすい環境をつくることで、働きやすい職場へと導きます。

 
 このように、各職場における日常的な組合活動は、支部や分会が中心となって行います。日ごろの活動を通して組合の意義や役割を伝え、きめ細やかなフォローを入れることで、組合員にとって「いざという時に頼れる」支部や分会にしていきましょう。

 

連合静岡

静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡