労働者福祉

福祉基金協会の事業活動内容

福祉基金協会は、6つの事業で勤労市民の暮らしを応援しています

1、教育・教養文化事業

学ぶ機会と教養や文化を広げることで心の豊かさを図ります。

勤労者の仕事や生活に役立つ情報や知識について学ぶ機会や、自主的な運動により家族の生活の向上と安定を図る「自主福祉運動」について理解と周知をしていくためのセミナーなどを開催しています。 また、勤労者の幅広い文化に対する関心を高め、ゆとりあるライフスタイルの向上を目指しています。

教育・教養文化事業は以下のとおりとなります。
・ALWF福祉とくらしのセミナー・ALWF地域セミナー・ALWFトップセミナー
・ALWFゼミマネージャーコース ・ALWFゼミリーダーコース
・ALWFステップアップコース

・静岡県勤労者総合美術展(2020年度第70回で終了)

●「ALWF」とは静岡県労働者福祉基金協会を英訳した頭文字から

 

 

 

 

 

 

Association of Laborers’ Welfare Fund
of Shizuoka Prefecture

A ssociation       協会

L aborers     労働者

W elfare              福祉

F und                  基金

Shizuoka      静岡

Prefecture         県

 

2、調査研究事業     

働く人の暮らしと福祉に関わる調査研究をして情報を発信します。

静岡県内の勤労者の生活と福祉の向上を基軸とした分野の調査研究を行うことを目的とし、地域に根ざした広範な研究・情報を的確に発信しています。また、勤労者に役立つ情報を定期的に提供する機関誌「WORK LIFE しずおか」も年2回刊行しています。

調査研究事業は以下のとおりとなります。

・自主研究・受託研究・ワークライフ調査・機関誌 ワークライフしずおか

3、助成・社会貢献事業

NPO団体等を支援しながら、地震災害対策の取り組みもしています。
福祉向上を目指すボランティア団体などへの支援、東海地震等の災害が発生した場合に備え勤労市民及び家族の生活確保を目的に地震災害対策支援、行政では解決出来ない社会の課題解消に取り組むNPO活動助成支援など、社会に貢献している福祉事業団体への支援をすることにより、人々が共生できる社会を目指すと共に、地域社会の発展・活性化に貢献しています。

  • 「福祉助成資金(NPO活動助成資金)」の活用
  • 「NPOプレゼント講座」開催費用
  • 「NPO融資利息補給制度」補給金(2019年度終了)
  • 「福祉助成資金(地震災害対策資金)の活用
  • 「南海トラフ巨大地震に備えた災害ボランティアネットワーク事業」の支援
  •    災害発生時緊急資金としての活用
  •    その他の社会助成
  •    静岡県ボランティア研究集会

4、生活安定・相談事業(ライフサポートセンターしずおか)     
ライフサポートしずおかは、勤労者とその家族をはじめ広く市民を対象にした「ロッキーカレッジ」などの講座開催や「暮らしなんでも相談」等の暮らし全般に亘る相談事業を通じて、安心して健やかに暮らせる社会づくりを目指し、事業を展開しています。

  • 生活安定確保・相談事業は、以下のとおりとなります。
  • 生活安定確保事業
  • 退職準備セミナー(セカンドライフセミナー)
  • 介護セミナー
  • 生きがいづくり支援(ロッキーカレッジ)
  • 相談事業
  • 暮らし何でも相談(ライフサポートセンターしずおかの県内各事務所で相談対応)
  • 無料法律相談会・生活困窮者に対する相談支援
静岡県労福協
静岡ろうきん
こくみん共済coop
ALWF
静岡県生活協同組合連合会
静岡ユニオントラベル
連合静岡